Catch the Writing(キャッチザライティング)の評判。購入価値があるか評価とレビュー

ネットを使ったビジネスを始め「10年で50億円」も稼ぎだしたCatch the Webさんが、新しく発売した教材が「Catch the Writing(キャッチザライティング)」になります。

タイトルに「ライティング」とあるのでコピーライティング系の教材だと勘違いされがちですが、実際の中身は主にビジネスに必須の「マーケティング」について解説した教材になっています。

そもそもマーケティングとは?

「マーケティング(Marketing)」とは

・見込み客のリサーチ

・見込み客の悩みや不満の明確化

・商品開発

・ビジネスマンとしてのブランディング

・販売方法、セールス方法

・他との差別化の仕方

・クロージングの仕方

などなど、これら一連のビジネスをする上で「絶対に欠かせない要素」の集大成です。

「ビジネスにおける始まりから、終わりまで」のことを意味します。

マーケティングの目的とは、人々の中にある潜在的&顕在的な「消費需要」を調べて、人の「不満や悩み」を解消できる「モノやサービス」などをより効率的にたくさん人々のもとへ届けることです。

そもそもビジネスとは?目的や方法は?

そもそもビジネスとは、日々の生活の中である事柄について「困っている人」や「悩んでいる人」を見つけ出して、彼らの具体的な不満や悩みを聞き出すところからスタートします。

そもそも生活をしていくうえで、絶対に必要なのが「お金」です。

ですが、その「お金」というのは、こういった人々の「悩みや不満」を解消してあげることでしか得られないものです。

何もしなくても「ただぼーっとしているだけで得られる」というものではありません。

ビジネスとは、人々の日々の生活の中の「悩みや不満」を上手く聞き出し、それを解消する「モノやサービス」を作り出し、その対価としてお金を受け取ることです。

お金を得られることで、生活に「ゆとり」が出るのはもちろんのこと、新しい「市場調査」や「商品開発」なども行うことができるようになり、ビジネスの可能性や選択肢が広がります。

自分のビジネスの規模を大きくさせるためには、ビジネスの「初まりから終わりまで」にあたる一連の流れ「マーケティング」を上手くこなし、成果を循環させていかなければいけません

でないと、途中で行き詰ってしまいます。

「上手なマーケティング」とは、これら下の一連の流れに淀みがなく、非常にスムーズで合理的なビジネスを言います。

1.市場調査

2ユーザーニーズの聞き取り

3.新しい商品開発

4.他との差別化、ブランディング

5.販売方法、セールス方法

6.クロージング

7.リピーターの獲得、顧客満足度を上げるための施策

逆に「下手なマーケティング」とは

これら一連の流れがグダグダで「一貫性や合理性」のないビジネスのことを言います。

・マーケティングをわかっているか?

・顧客の心理、人間心理をわかっているか?

・売り上げを最大化するための販売方法、セールス方法がわかっているか?

こういったビジネスに欠かせない「マーケティング要素」は非常に重要です。

「下手なマーケティング」を実践しても、自分の「時間と手間とお金」を無駄にするだけで、お金が一銭も入ってこないからです。

自分のかけた労力が、すべて無駄になってしまいます。

今は1億総ビジネスマン・セールスマン時代

今は「1億総ビジネスマン・セールスマン」の時代です。

会社の賃金は上がる見込みもなく、将来の仕事はすべてAIで代用できると言われています。

そんな中、注目を集めているのがネットを使ったネットビジネスです。

会社の「副業解禁」が叫ばれる中、サラリーマンや主婦、果ては年金暮らしのお年寄りまで

余った時間を利用して、ネットビジネスをする人が本当に多くなりました。

「せどりや転売、アフィリエイト」など有名なものは関連した雑誌や本まで出版されています

これからも会社の賃金が上がる見込みはなく、将来の不安は拭えないままです。

自分の身は自分で守り、国をあてにしないためにも「消費者需要のリサーチや実際のセールス方法」など、ビジネスに関する諸々のことについて、自分で1から勉強する必要があります。

厳しいことを言うようですが今では個人が「モノやサービスを売るその道のプロにならないといけない時代です。

ただ、こういったことは学校などでは習わないことですし、「人間の心理や人間の欲求」というのは非常に奥深いものです。

また、みんなが「同じ考え」をしているわけでもなく、当然人によって「多様性」もあります

また、ビジネスを成功させるうえで必要なことはたくさんあり、「顧客のリサーチ方法」から始まり、「商品の販売の仕方」「セールスの方法」など

ちょっとした「人間心理やテクニック」を知っているか、知らないかで、売り上げそのものが大きく変わってきます。

・モノやサービスの提供の仕方

・それを欲しがる顧客の見つけ方

・彼らに対するアプローチ方法

・売り上げを最大化するための販売、セールス方法

・顧客満足度を高め、リピーター化させるための施策

・お客にひいきにされるためのブランディング戦略

など、1から考えなければいけないことがたくさんあります。

インタネットビジネスにおけるマーケティングは難易度が低い

普通、インターネットビジネスにおけるマーケティングの仕方というのは、リアル店舗のマーケティングのやり方と比べて、少し性質が違います。

ネットビジネスにおけるマーケティングの方が「手間や労力&コスト」などがかかりにくいという良い性質&メリットです。

リアル店舗のマーケティング方法というと

・チラシやパンフレットを配る

・手紙を送る

・セールス電話をかける

など、未だアナログ的で手間も人件費もたくさんかかってしまうものですが

ネットビジネスの場合は、すべてがデジタル的に処理できるので「コストと労力」がかかりにくいというメリットがあります。

また、今ではほとんどの人がインターネットを利用しており、サイトやSNSなどの参加で、

顧客やユーザーのニーズ」がより掴みやすい時代になっています。

リアル店舗のビジネスに比べて、格段にコストや労力がかからず、また難易度も低いというメリットがあるわけです。

ネットビジネスは「初期費用」がほとんどかかからないメリットもありますので、ビジネスに参加して「マーケティング力」を養うことで、誰もが簡単に「モノやサービスを売るプロ」になれる時代なのです。

1からマーケティングを学ぶためには

この「1億総ビジネスマン・セールスマン」時代に、合理的なマーケティングを行い、時間と手間を無駄にせず、「お金」を手に入れるためには、それ専用の勉強が必要です。

今回、紹介する「Catch the Writing(キャッチザライティング)」では、それらビジネスに必須の「マーケティング」について終始、解説しています。

ネットを使ったビジネスで「10年で50億円」も売り上げ、果てに海外に支社まで作り、今なお事業規模を拡大しているのがCatch the Webという会社です。

彼らの10年間に渡る「ビジネスの仕方&マーケティング手法」が学べるのが、「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」というセミナー形式の教材です。

元々、法人用の「インターネット集客」のコンサルを手掛けていた彼らが、ビジネスについて・マーケティングについて、詳しく解説してくれています。

大容量のセミナー動画になっていて、とても見応えがあります。1日で全部見るのは、ちょっと大変なぐらいです。

当サイトでは、そんな「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング」に「独自の特典」付きでレビューしています。

興味がある方は、ぜひご覧になってください。

今回、キャッチザウェブさんから新しく発売されたのが ビジネスの本質 ネット集客の仕方 お客を成約させるコピーラ...


1,京大工学部卒
2,MBA取得済み
3,資本金「20万円」の素人経営者から、たった1年で「年商1億円」達成
4,20代にして、億万長者

そんな異色な経歴を持つ「若きカリスマ」が、アフィリエイトビジネスに必須の
仕組み化・自動化」について、"無料セミナー"を大公開中です。

絶対に稼ぎたくない人」以外は、見てください。

加藤将太 アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る