稼ぐキーワードをあぶり出すキーワードスカウターSの特典。

アフィリエイトをする上で悩みの種の1つに「どういうキーワードを選べばいいのかわからない」というものがあります。

ヤフーやグーグルに表示されるような「関連キーワード」では、誰でも気軽に閲覧できる分、当然ライバルアフィリエイターも多いです。

アフィリエイト歴が浅い人間が、こういうキーワードで必死に記事を書いても、到底太刀打ちできない部分があります。

また、アフィリエイトを始めたばかりの頃というのは、基本的な「アフィリエイトのキーワード選定方法」がわからないといった悩みもあります。

そういった悩みを解消してくれるのが、Catch the Webさんの「キーワードスカウターS」という穴場キーワード・狙い目キーワードを自動取得してくれる便利ツールです。

ライバルの少ない「稼げるキーワード」の”具体的な選定方法“などもわかるツールです。

なお、当サイトから無料で追加される「特典」は以下の通りです。

1.アフィリエイト初心者の方でも、初月から報酬を得るためのアフィリエイト方法
2.「記事が書けない」「記事ネタがない」という悩みがなくなり、アフィリエイト報酬にもつ ながる方法
3.情報商材を特典なしで売る方法 その1
4.情報商材を特典なしで売る方法 その2
5.こちらから売り込まなくても、読者の方から気楽に成約してくれるアフィリエイト方法
6.「記事の合間」や「記事の終わり」に貼ることで、着実にアフィリエイト報酬につながる方 法

主に、アフィリエイトに不慣れな方でも、報酬を得るための「実践的ノウハウ集」になります

当サイトから用意した特典は、いずれも「アフィリエイトに不慣れな方、現在稼げていないという方でも、報酬を得る」ための即効性の高...

当サイトからの特典をご希望の場合、インフォトップでの購入時に、ちゃんと「紹介者からの特典」欄に下の画面が表示されていることをご確認してください。

ピヨ特典 新しい

もし、他の方の特典が表示されている場合は

・一度ブラウザを閉じてから、もう一度試してみる

・一度デバイス(パソコンやスマホ、タブレットなど)をシャットダウンしてから、もう一度 試してみる

などしてください。

今、アフィリエイトで思うように稼げていない」という方は、ぜひ注目してみてください。

そもそもアフィリエイトにおけるキーワードの選び方とは?

そもそもキーワードというのは、自分のサイトとそれを必要とする読者を結び付ける「架け橋」のようなものです。

当然、読者が検索しそうなキーワードで記事を書く方が良いのですが「ありきたりなキーワード」の場合、ライバルが多すぎたり、強すぎたりして自分のサイトを上位表示させるのは至難の業です。

「なかなかアクセスが伸びない」といったことで悩んでいらっしゃる方も多いかと思いますが

そういった場合は記事を書く際の「キーワード」から見直した方が良いかもしれません。

できるだけ他の人が狙っていないキーワードで、記事を書いた方が人を集めやすくなります。

アフィリエイトにおける「キーワード選定」に役立つサイト

アフィリエイトにおいて「キーワード選定」に役立つサイトというのは、いくつかあります。代表的なのは

Good keyword 

グーグルやBingで実際に検索されたことのある「サジェストキーワード」を調べられるサイトです。

右側に「グーグルトレンド」や「周辺語」という項目もあり、参考にできます。

ヤフー関連キーワード取得ツール

ヤフーで実際に検索されている「関連キーワード」を取得できるツールです。

また、ヤフー知恵袋や教えてgooなどの「質問系サイト」などの実際の質問状況なども載っている使いやすく便利なサイトです。

ヤフーサジェストキーワード一括DLツール

こちらも、ヤフーで実際に検索されている「サジェストキーワード」を取得できるツールです。

また、このサイトでは「アマゾンやYouTube」などで検索されているキーワードも一括取得することができるのが強みになっています。

OMUSUBI

調べたいキーワードを打ち込むと、実際に検索されているキーワードが「マインドマップ」のように視覚的に表現される便利なサイトです。

これらのサイトを使えば、実際にどんなキーワードで検索されているかわかります。

ですが、まだ十分とは言えません。なぜなら

  • どれがライバルが少ないキーワードなのか
  • どれが狙い目キーワードなのか

が、わかりにくいからです。

そこで「キーワードスカウターS」の出番になります。

キーワードスカウターSでキーワード選定方法を学ぶ

キーワードスカウターSを購入して、フォルダを確認してみると

ひときわ目立つ言葉があります。

キーワードスカウターで稼ぐ方法」というファイルです。

  • アフィリエイトで正しくキーワードを選ぶ方法
  • 文字通りキーワードスカウターを使って稼ぐ方法

が、このファイルの中で解説されています。

この辺はさすがに、ネット集客の法人コンサルなどで「10年で50億円稼いだ」と言われるCatch the Webさんの余裕を感じます。

今回、キャッチザウェブさんから新しく発売されたのが ビジネスの本質 ネット集客の仕方 お客を成約させるコピーラ...

具体的にはこんな感じで、1から3の稼げるキーワードを選ぶポイントが解説してあります。

当然、1~3の「具体的なやり方」もじっくり解説されています。

コレさえ読めば

  • キーワード選定方法がわからない
  • 稼げる狙い目・穴場キーワードがわからない

という悩みは完全に解消されます。

intitleとallintitleの違いとは?

たとえば「アフィリエイト やり方」というキーワードで検索してみたとします。

intitleというのは

「記事タイトル」に狙っているキーワードの「一部」が含まれているという意味です

下の図の4つ目のサイトを見てもらえばわかりやすいと思います。

上3つのサイトには、記事タイトルに「アフィリエイト やり方」というキーワードがすべて入ってますが

4つ目のサイトの記事タイトルは「アフィリエイトの始め方」となっており、記事説明ページ部分に「アフィリエイト やり方」というキーワードが入っているだけです。

これが「記事タイトルの一部」にキーワードが入っている「intitle」です。

反対にallintitleとは

「記事タイトル」に狙っているキーワードが「すべて」含まれているという意味です。

下のように、必ず記事タイトルに「アフィリエイト やり方」というキーワードが必ず全部入っている場合です。

上の4つのサイトの記事タイトルには「アフィリエイト やり方」というキーワードが必ず全部入っています。

これが「記事タイトル」に狙っているキーワード「すべて」が含まれている「allintitle」です

一般的に初心者は「allintitle」のような「記事タイトルにキーワードすべて」が確実に入っている記事を書いた方が良いとされています。

その方が集客する上で有利だからです。

キーワードスカウターの稼ぎ方」というファイルでは「このintitleとallintitleの割合・比率が〇:○が狙い目です」と具体的な数字を出して解説しています。

また、実被リンクというのは他のサイトから受けているリンクの数のことです。

こちらも具体的「数字が○○以上のキーワードが良い」と解説しています。

あとはキーワードスカウターを起動させて、調査したい「キーワード」を打ち込めばいいだけです。

intitleとallintitleの比率・割合が○:〇で、実被リンクが○以上」なキーワードを自動取得してくれます。

トレンドキーワードも取得できます

また、キーワードスカウターでは現在の「トレンドキーワード」も取得できます。

「トレンドキーワード」はうまく利用することで、自分のサイトに莫大なアクセスをもたらしてくれます。

今流行っている「トレンドキーワードの取得」も

「ヤフー検索急上昇ワード」や「つぶやき」

kizashi.jp

こういったサイトからわかりますが、自分が狙っているキーワードに関連した「トレンドキーワード」も一緒に手動で拾うのはかなり大変です。

それでもキーワードスカウターなら、一緒に「関連したトレンドキーワード」も拾うことができます。

キーワードスカウターの設定や使い方は?

キーワードスカウターの設定方法や使い方に関しては購入時に一緒についてくる

1.ツール用の準備

2.主な機能と使い方

4.よくある質問

これらを見てもらえれば、わかるかと思います。

私も設定方法が全然わからない状態から、これらのPDFを読んで設定しました。

暑い時期で、アイスを食べながら設定したのを覚えています(笑)

その日の内にサクッと設定を完了させ、さっそく起動して使っていました。

ただ、弱点もありますil|li (´ω`) il|li

そんな「キーワードスカウターs」ですが、大きな弱点もあります。

それは「動作が重い」という弱点です( ´д`ll)

キーワードスカウターを使って、いざ「ライバルの少ない穴場キーワード」を調べようと思っても、解析結果が出るのに「10分~15分」以上かかります。

それに特に「競合の多いキーワード」の場合は、それ以上時間がかかるときもあります。

手軽に「穴場キーワード」を探そうと思っても、途中でだれて嫌になってしまうわけです。

その「動作が重い・使いにくい」という理由で、今現在私はキーワードスカウターsはほとんど使っていません。

代わりに、もっと「使いやすく便利なツール」を見つけたからです。

PRIDEの「Proffesional Final」ツール

それが、インフォトップでも有名な教材「PRIDE」を購入すると使えるようになるPRIDE購入者用ツール「Proffesional Final」というツールです。

こちらの方が重くなく、使い勝手も良いので、今現在私はこちらの方を使用しています。

PRIDE proffesional final

このツールで、たとえば「アフィリエイト やり方」というキーワードで調べてみると

下のように

・グーグルトレンドのグラフ

・人気キーワード

・注目キーワード

が表示されます。

proffesional final 検索結果

これで今「アフィリエイト やり方」に関するキーワードの中で

今、何が流行っているか?」「どんなことが需要が高いのか?」がわかります。

「検索窓」の下にも、ズラーっと「関連キーワード」が出てきます。

グーグルで「66件」もヒットしました。

pride proffesional final 検索結果

ちなみに右の「a i Y G 知 教 T」というのは

allintitle数 intitle数 Yahoo検索 Google検索 Yahoo知恵袋 教えてgoo Twitter

のそれぞれの「検索結果」になります。

これで「allintitle数とintitle数の比率」もわかりますし「YahooやGoogle」でライバルがどんな記事を書いているのかライバルチェックもできます。

また「Yahoo知恵袋や教えてgoo」などの質問サイトで「アフィリエイト やり方」について、どんな質問がされているか?もわかりますし

他にも、流行りものに敏感なTwitter上で「アフィリエイト やり方」について、今どんな会話がされているかも、すぐに確認できます。

ちなみに、キーワードスカウターで同じ「アフィリエイト やり方」で調べてみたところ、検索結果が「10件」しか出てきませんでした。

キーワードスカウター 検索結果

10件」と「66件」じゃ、全然違いますよね∑(´Д`)

しかも、キーワードスカウターSの方が重くて使いにくいという「余計なおまけつき」です

また、キーワードスカウターより、各種「トレンドキーワードの確認」もしやすいので、私としてはこちらのツールの方が断然「普段使いに最適」なツールです。

pride proffesional final トレンド

というわけで、おすすめは「Proffesional Final」になります

というわけで、当サイトとしては「キーワードスカウターs」よりも、「PRIDE」を購入したら付いてくる「Proffesional Final」というツールの方をおすすめしています。

私としては断然、こちらの方がおすすめですので、PRIDEの方に特典を付け、キーワードスカウターSには特典を付けていません。

確かに、キーワードスカウターSは一見「安くてお得そう」に見えるのですが、毎日使うものなら「少しでも使いやすいもの」の方が良いですよね。

PRIDEは、”発売から今でも売れ続けている&インフォトップで7冠を達成した”「王道教材」ですし「Proffesional Final」というツールは、私も今も愛用しているツールですので、どうせ使うならこちらの方を購入してほしいというのが本音です。

どんなツールも使いにくかったら、意味がありません。

当サイトとしては「Proffesional Final」の方が満足感が高いので、おすすめしています。

「PRIDE(プライド)」は「infotopで7冠」にも輝いた、非常に評判の良い教材です。 「トレンドアフィリエイト」...


1,京大工学部卒
2,MBA取得済み
3,資本金「20万円」の素人経営者から、たった1年で「年商1億円」達成
4,20代にして、億万長者

そんな異色な経歴を持つ「若きカリスマ」が、アフィリエイトビジネスに必須の
仕組み化・自動化」について、"無料セミナー"を大公開中です。

絶対に稼ぎたくない人」以外は、見てください。

加藤将太 アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る